Home > Tags > DVD

DVD

Barred For Life

MTBのDVDでもおなじみビジュアライズイメージさんが「NEED YOUR VOICE」というキャンペーンをやっているとの事で応募してみたところ、Barred For LifeのDVDを送って頂けました。

早速、3回ぐらい見てみましたヨ。

まず、映像のクオリティが高い!全編HD収録で機材が凄いのもあるけど、撮影も編集もかなり丁寧にされているのが感じられる仕上がりです。映像の出来が良いと臨場感や迫力が違いますよね。これだけでもかなり満足。

内容は、全編フリーライディングという感じで、レースは一切無し。
こういうDVDも最近は珍しい気がしますね。

登場するライダーはROCKSTARのスポンサードを受けている人達。ビッグネームばかりなので、ライディングはもちろん凄いです。みんなDJからFRからDHまでこなして、これぞフリーライディングという感じ。

それぞれのライディングを見て「今度あのセクションでこうやって走ってみよう」なんてイメトレするのにもってこいのDVDですね。でも、ライダーもセクションもレベル高すぎるので、僕の場合はイメトレだけで終わりそうですが…

それにしても、トップライダーが乗っていると、バイクもカッコ良く見えます。

Steve RomaniukのMONGOOSEなんて全然興味無かったのに「このバイク、カッコイイかも」と思ってしまいました。最近激やせしたらしいJordie LunnのJAMISや、Greg WattsのGary Fisherなんて、日本ではフリーライドのイメージじゃないけど、このDVDで見ると印象変わったり。バイクメーカーのイメージって、乗っているライダーの影響が大きいですよね。

そして、いつもこの手のDVDでお気に入りバンドを見つけているのですが、今回も発見。
上にも書いた、最初のSteve RomaniukのシーンのBGMがヤバい!

TurbonegroというバンドのThe Age of Pampariusという曲。早速iTunesで購入してヘヴィロテになってます。このTurbonegro、ノルウェーのバンドなのですが、地元では凄い人気で、オスロで1万人クラスの会場が満席になるとか。変な格好してるのに凄いなー。

あと、このDVD、オープニングは何故かインプレッサがラリーさながらに爆走するシーンになっています。そう言えば、ブランドン・セメナックの車もインプだったし、この映像の中で彼が爆走してるのもインプ。インプは向こうのライダーに人気あるんですかね?確かにラリーカーだったらトレイルまで爆走出来て楽しいかも。

…というわけで、またお気に入りDVDが一つ増えました。
ビジュアライズイメージさん、ありがとうございます。

ビジュアライズイメージ株式会社

bikemoviemusic.com

九州のCLEATさんのblogで、ヤバいサイトを知りました。


www.bikemoviemusic.com

チャリのDVDで使われている曲をリストアップしているサイトです。
音楽好きのチャリ乗りは、散財必死!?
セクションやライダー名もリストされているので、目当ての曲が探しやすいですね。

前にThe Tipping Pointの時に書きましたが、チャリのDVDがきっかけで好きになる曲やバンドもあるので、こういうサイトは非常に助かる…というか、沢山買ってしまいそうでヤバいです。

既に結構な数をiTunesStoreで購入してしまいました…USやEU圏のプリペイドカードを持っているので、日本のStoreに無いものは海外のStoreで買ってます。

今回買った曲の一部はこんな感じ。
Days of Dirtから、April March – Chick Habit
フランスの曲を上手くアレンジ出来てます。

The Tipping Pointから、Band of Horses – Is There A Ghost
ブリンキーが優勝したシーンの曲ですね。

Super 8 – Illusionary Linesから、Mandoza – 50 50
House of Painみたいだなぁと思って、気になってたんですよ。

そしてそして!一番気に入っているのは、これ!
SeasonsからThe Cat Empire – Two Shoes
ラスト、大勢でウィスラーを走るシーンの曲です。


あーもー、この曲もこのシーンも大好きだ!
このシーンを見てると、ウィスラーを走りたくなってきますね。やっぱり来年は…!

この曲聴きながら走ったら、トリック入れて飛べる気になってヤバそうです。
…もちろん、そんな事は出来ませんが(汗)


The Cat Empire、ライブも盛り上がってます。アルバム買ってみようかな。

The Tipping Point

The Tipping Point、発売されましたね。発売日に買って以来、毎日見てます。

F1RST」のプロデューサー、CLAY PORTERの最新作で、2008年のワールドカップを追ったこの作品、ダウンヒルやってる人なら見なきゃダメだろ…というものに仕上がっていますね。
トップレーサー達の真剣さ、マウンテンバイクへの情熱が伝わってきます。

サム・ブレンキンソップとジャスティン・レオブって、二人ともニュージランド出身なのね。
キャメロン・コールもそうだし…ニュージランド凄いな。
それにしても、ブレンキンソップの走りはカッコイイ。前はTURNER乗ってたんだよね。

大怪我ばかりで可哀想なレヒコイネンが最初に出てきたのも、何か嬉しかった。
…と他にも見所が沢山なので、買っといた方がいいです。

Continue reading

DAYS OF DIRT

週末に雨になる事が多く、あまり乗れませんねー。
そんな時は、メンテするか、買い物するか、DVDを見てイメトレするかです。

最近見たのは、この「DAYS OF DIRT」。

アメリカのライダーの走りを多数収録していて、ライダーを追った映像の間に、クランクワークスやワールドカップなどのレースやイベントの映像も沢山収録しています。

Continue reading

Truth and Beauty

まだ走れなさそうなので、週末は家でDVD見たり、チャリのメンテしてました。
1台チャリを組んだので、写真撮ったらここに載せます。
こちらに載せました。

色々なDVDを見た中で、新たに手に入れたものがこれ。Truth and Beautyです。

Red Bull Rampage、Ray’s MTB Indoor Park、ダウンヒル、ダージャンなど、色々なシーンが収録されていてます。また、カットやアングルを工夫しようとしているようで、そこは関心。

そして、このDVD最大の特徴、3D映像が収録されたDVD-ROMが付いてます!
3Dは赤と青のレンズのメガネでみるタイプで、メガネは2つ付属。

DVD-ROMにWMV形式のムービーが入っているので、PCやPS3などで見られます。

その3D、大きな画面で見ると結構奥行を感じて、ちょっと新鮮。
迫る木の枝や、ジャンプのキャニオンの浮遊感なんかは、雰囲気が出てますね。
正直、オマケの域を超えていない気はしますが、こういう新たな試みは大好き。

実は今、映像業界では3Dが熱くて、U2ディズニーが3Dで収録したライブを公開していたり、次のハリーポッターのIMAX版にも3Dのシーンがあったりと、3Dが注目されています。

U2の3Dライブ、相当な迫力らしいので(見に行かなきゃ!)、
最新3Dのバイク版が出来たら、圧倒されるような臨場感ある映像が見られそうですね。

ちなみに、最新のは赤と青のメガネではなく、黒い偏光レンズで見るのですが、
実は、こんなものも3D版をテストで開発してたりするんですよ。

Home > Tags > DVD


Feeds
Meta

Return to page top