Home > Tags > CHROMAG STYLUS

CHROMAG STYLUS

週末トレイルライド・神奈川トレイル

土曜日、jobeさん、tosさん、tatsuさん、kくんと神奈川のトレイルに行きました。
今回はChromagのStylusで参加。

Trail Ride 2011.3.5

天気も良く絶好のトレイル日和かと思いきや、搬送路でほんの一部の道路が凍結していてスタッドレスでも車が登れず。仕方なく自走で登りましたよ。冬場はタイヤチェーンも持っておいた方が良いですね。

このトレイル、根っこ段差だらけで、上下動が激しいのが楽しいです。こんな感じのセクションがそこら中に!あぁ楽しい。

Trail Ride 2011.3.5

担ぎありの山頂まで登ると、富士山!ここから周りを見回すと太平洋まで見える見晴らしの良さ、絶景ですよ。

Trail Ride 2011.3.5

今回の登りは、ちょっとキツかったようです。

Trail Ride 2011.3.5

ここからは一気に急降下。急な斜度に根っこ、その後はドロップの連続と、かなりタフなルートなのですが、それがまたチャレンジングで楽しいです。激しい富士見Bコースって感じで、お気に入りのルート。

しかし、この辺りはスギ林が多いらしく、花粉症持ちには辛かったライドでした。僕も帰宅してから目がかゆいは鼻水は出るわで大変。tosさんは花粉を吸わないようにギャングスタイル。

Trail Ride 2011.3.5

怪我人も出ず(フォークが逝った人はいたけど)、楽しいライドでした。

4103 Trail

昨日、Mさんに誘って頂いて4103トレイルに行ってきました。
Jinya君Twenty6erさん夫妻も一緒です。

4103 Trail
左から、Jinya君、Twenty6erさん、Mさん

前から話には聞いていて「いつか走ってみたい」と思っていたのですが、適度にテクニカルで、ロックセクション、ドロップ、バームと色々なセクションを味わえる楽しいコースでした。

バイクは951とChromagを持って行きました。DHバイクの方が楽ですが、HTでも楽しめますね。951で3本、Chromagで2本の計5本走りました。

お昼には4103さんの庭で皆でランチ。美味しいメンチカツなどを頂きました。その時の模様は4103さんのblogをご覧になってみて下さい。
団塊MTBdownhiller~世界マスターズへの道~

ローカルのエネさんにも色々な事を教えて頂いて、1本一緒に走ってもらいました。また、重力技研の萩原さんにはエクストリームな搬送をして頂きました。みなさん、ありがとうございます。

かなり楽しかったです。また走りに行きたいですねー。

JOYRIDE FreeRiding Clinic・1月16日

週末、ダイキさんのスクールに参加してきました。
12月に怪我した指は、最初は痛みがあったものの体が温まってくれば問題なかったです。

今回のダートのコーナリング練習では、バームをきちんと使う事を意識しました。
前後輪をグリップさせて、なおかつ加速させられるように。

JOYRIDE FreeRiding Clinic 2011.1.16

バイクの真ん中に乗り、バームではしっかり加重し続け、出口で抜重してバイクを起こす。
ペダルは平行も外足下げも試しました。僕はバームでは平行の方が好きみたい。

JOYRIDE FreeRiding Clinic 2011.1.16

上の写真では何故か肩が汚れていますね。地面と仲良しになったようです。
この日はクソ寒かったので、ウィンドブレーカーの上からパーカー着て、向かい風もあったのでゴーグルも。防寒用としてフルフェイス被ってたのは正解だったかも。

JOYRIDE FreeRiding Clinic 2011.1.16

ジャンプでは以前よりは高さが出てた気もしますが、まだまだ理解出来ていないですね。
キレイに飛べた次のジャンプでは全然飛べなかったり、逆に飛びすぎたり。
踏み切りのタイミングや体の位置など、考えるとどんどんハマったりして…ジャンプって難しい。

これは数をこなすしかないんでしょうね。コソ練行くかな。

年末年始

年末年始のチャリライフですが、12月になって仕事が落ち着いて、トッキーの結婚式に行き、翌日にダイキさんのスクールに参加し「これから走りまくるぜ!」と思った矢先に怪我ですよ。

芝生でのコーナリング練習中、転けて右手親指の靭帯を痛めてしまいました。

JOYRIDE FreeRiding Clinic 2010.12.19

指の付け根が腫れて箸も満足に使えないぐらいだったので、その日のうちにザムストのサムガードを購入し指を固定。1週間程して指を動かそうとしたら固まって動かず、それからは日々動く範囲を広げて今に至る感じ。

ついでに年末年始は風邪でダウンしてしまい、自転車に全く乗れない年末年始でした。年末に2010年を振り返ったりしようと思ったのですがそんな余裕なし。

ようやくの走り初めは3連休の月曜日。指の様子見も兼ねてトッキー夫婦とまったりトレイルライドへ。T・サトー夫婦と合流してからは一気にペースアップして全然まったりじゃ無くなった(自分比)のですが、久しぶりのライドは楽しかった。

下りでチェーン切るわ、チューブレスの完組ホイルをリム打ちして凹ませてチューブレスで使えなくなるわで初ライドから散々な目に合いましたが、楽しかったからいいか…な。

指は多少の痛みは残っているものの一応走れそうなので、これからライドを復活させたいと思います。去年はウィスラーに行ったりと活動フィールドが広がりましたが、今年はどんな所に走りに行けるか楽しみです。今年もよろしくお願いします。

D.C.F. FREE RIDE MEETING

土曜日、delight bike companyが主催するD.C.F. FREE RIDE MEETINGに参加してきました。場所はもちろんOGINO CUPで有名なDCF

到着してみると、想像よりも遥かに広大で、その規模に圧倒されました。

DCF Freeride Meeting

最初はレギュラー(初級?)ラインで練習。スラロームを抜けて、小さなテーブルトップ、またスラローム~小さなヒップとリズムがあって楽しい(走るのに夢中で写真なくてすみません)。

一通り慣れてきた所で、上段のキャニオンのラインにも挑戦。
最初にステップアップがあるのですが、その手前にあるコブのこなし方が難しくてステップアップが飛べません。うーん、数本行けば飛べると思ってたんだけど地味にムズい。ここをクリアしないと先に行ってはいけない気がして、しばらくここだけ練習してました。

昼食をはさんで路面も乾き出してくると、巨大なキャニオンへのアタックが始まりました。

ダイキさん
DCF Freeride Meeting: Daiki

羽生さん
DCF Freeride Meeting: 82

JINYA君
DCF Freeride Meeting: Jinya

僕はと言えば、ローカルのトシ君に「レギュラーラインは、コース上手く使えばペダリング無し、ブレーキも(殆ど)無しで最後まで走れる」と言われ、その練習に燃えてました。そう、午前中はモリ漕ぎで飛んで、オーバースピードでコーナーに入ってブレーキ引きずって、またモリ漕ぎで飛んで…を繰り返していたのです。

走ってみると…確かに!きちんとコースを使うとラインがキレイに繋がります。バームで失速しないようにすると、漕がなくても次のテーブルトップで丁度良い所まで飛べ、バックサイドで加速して次のコーナーへもスムーズに入れる。

何と言うか、コースに正しい走り方を教えられているように感じます。
この感覚、ウィスラーのバイクパークで感じたものと似てますね。コースを信頼して走れるんです。コースにスピード調節をさせられるので安全でもありますね。

楽しんで走っているうちに上達してるなんて、こんな良い事はないです。
悔やまれるのは、そこばかり走っていて、もっと先にあるセクションを忘れていた事。でも、これは次の機会に取っておきたいと思います。

こんなコースを作り上げ走らせてくれた、羽生さんを始めとするローカルライダーの方々に感謝です。じゃんけん大会ではNUKE PROOFのヘッドセットを頂きました。Peakの塚本さん、ありがとうございます。

今回のイベントの事を書いているblogのリンクです。是非見てみて下さい。
イワブロのブログ
jinya@ca
DAIKI★FREERIDE

Home > Tags > CHROMAG STYLUS


Feeds
Meta

Return to page top