Home > Tags > 高峰

高峰

NS BIKES SURGE シェイクダウン

NS BIKESのSURGEでの初山は、高峰山のさかがわ館になりました。
彼女や、トッキーとKazubonと4人。

DA BOMBのGLOCKを風魔で購入し、ステムは40mmに。

KOWAの150ssが調子悪そうだったので、KOWAにオーバーホールに出して、
フォークを、Balfaの2Stepに入れていたMarzocchiの55ATA2に。

午前中はパークで遊んだり練習したりして、午後はダウンヒルコース。

今回、走った事のない新コースを教えてもらいました。
3本目、一番左に位置するコースです。ハイスピード・スラロームという感じで、楽しい!
両脇が崖になってる尾根や、斜度のある下りなど、変化に富んでいるのもいい。
一番好きなコースかも。

ちなみに、各コースには名前があるそうです。
・右(1本目):ファビアン・バレル
・中(2本目):サム・ヒル
・左(3本目):ネイザン・レイニー
あと、ミック・ハナーとスティーブ・ピートもあるらしい。

SURGEですが、僕が望んでいた
「ロングストロークで懐が広く、下り系の走りや、コーナリングも楽しめる」バイクだと思います。
実際、走っていて楽しかったしね。

僕は、しなやかさとかをインプレ出来るレベルではないのですが、
硬いとかキツい印象は受けませんでした。
次は、七曲の中間とか、もうちょっとハードなコースを試してみたいです。

ルックスも含め、僕としては大満足です。

高峰さかがわ館ダウンヒル

年末にスケジュールが上手く合ったので、急遽高峰山に行く事に。
トッキー、mika、初MTBのudahさんと僕の4人。バイクは、CORINA君で。

高峰は「さかがわ館」の方に行きました。
なんと!僕ら4人しかいなくて貸し切り状態。
七曲の方は40人も来ていたとか。こっち選んで良かったなー。

まずは、パークで遊び&udahさんの練習。
DYNOCO CUPのコースを走ってみたり、ジャンプ飛んだりと一通り遊ぶ。

そして午後からは、初めて走るDHコースにチャレンジ。
搬送は、舗装路を10分ちょっと登るだけ。七曲とはえらい違いだ。

山に入ると、最初はこんな景色のところを登ります。
サドル上げてフロントをインナーにすれば、乗って行けるレベル。

スタート地点は、ここ以外にもいくつかあるようで、
他のルートも教えてもらいました。

DHコースは、途中で二手に分かれます。

右に行くと、ハーフパイプみたいなコース。
初心者は真ん中走れば楽だし、上級者は壁を使って遊べます。
その気になれば、結構なスピードで爆走できる。

左は、スイッチバックの連続で、これまた楽しい。

そして、今は両コース共にコンディションが最高!
コースは落ち葉でふかふか、ガレてる所は全くなし。
かなり楽しく走れました。

これは、左コースの映像。コースはこれで全部。
ちょっと短いんだけど、初心者には丁度良いかもね。

前を走るのはmika、その前にトッキー。
やっぱり、もっと近づかないと、迫力ある映像にならないな…
でも、mikaの後ろにピッタリついて走ると、つられて変なところ走っちゃうんだよなー

右コースは、トッキーのヘルメットカム映像があるので、これを見てみて下さい。

高峰 4M Drop Off

DYNOCO CUPの会場でLOVE BIKESの市川さんに頼まれ、Team Transition Racingの小山航選手のヘルメットにGoProを取り付けてみました。

そして、高さ4Mのラダードロップにチャレンジ!
大迫力です。

DYNOCO CUP 1

高峰の新コース、さかがわMTBパークのOPEN記念イベントとして開催された、
DYNOCO CUP 1に参加してきました。

コースは、スラローム → 1.5Mぐらいの激坂 → 人口バームという感じ。
速い人で20秒前半、中級者なら30秒以内で走れるコースです。


この激坂は、エキスパートラインという事になっていましたが、殆どの人がこちらを選択。
横に、ちょっと遠回りの迂回路も用意されてます。


バームは、バイクを倒して先を見る練習にピッタリ。

今回も、練習走行ではGoProを付けて走りました。
バイクはハードテイルのCORTINA君です。

午前中は路面はかなりスリッピーでしたが、天気が良かったので、午後にはコンディションも良くなって、走って楽しいコースでしたよ。

肝心のレース結果ですが…グダグダ。

上の動画のように、練習で流して走ってせいぜい27~8秒ぐらいなのに、
本番の2回のタイム計測では、あろう事か両方ともミスって30秒と29秒…泣ける。
60数人中、40番台後半の順位でした…本番に弱いなー。


高峰の新コース、今回イベントで使用したコース以外にも、色々な高さのドロップや、ラダー、ジャンプなど、セクションが沢山あって、かなり楽しそうでした。スキルアップにも良さそうです。
山の上の方には、最高に楽しいダウンヒルコースもあるらしいので、また行かなくては。

久しぶりの高峰

久しぶりに高峰に行ってきました!
夏はクソ忙しかったのと、最近はロードが多かったせいで、山を走るのは半年ぶり。


今日はハードテイルで出撃。
タイヤは、トレイル用の1.95とかで、練習モード。

結局七曲りを3本走りました。
半年振りでハードテイルだったら、これでもいいか。

3本目、現地で合流したCOVEに乗りのトモロさんと一緒に走る。
毎週のように高峰に来ているだけあって、コース詳しいなぁ。

トモロさんの誘導で、ラダーバンクの奥にあるラダードロップを見に行く。
なんとなくイケそうだったので、果敢無謀にチャレンジ。
…着地で思い切りコケました。フルサスでリベンジしないと。

ラダードロップ、あまり走る人いないみたいで、地面がふかふか。
コケても痛くも何ともなかったし、低いのもあるので、みなさんも是非。

いやしかし、ロードではそこそこ走ってたけど、
下り系は、使う筋肉が全然違うね。そして、腕が全然鍛えられてない。
翌日は筋肉痛&手に血豆が出来ました。


CORTINA君、前回より所々のパーツを変えてみた。
・フォーク: PIKE → KOWA 150SS
・ハンドル: Answer カーボン → EASTON スカンジウム
・サドル: SDG → fizi:k Gobi
って感じ。

KOWAのフォークは、レバーを90度回すだけで無断階でストローク変えられて、かなり便利。
ストローク量はもちろん、ヘッド角やBBハイトが変わると、乗り味も変わる。
それが簡単に出来るのがいいね。

スカンジウムは…良く分からなかったが、カーボンよりは硬い気がする。

スカンジウムって、1kgあたり200万円もするらしいです。
金より全然高いじゃん!まぁ、ハンドルはアルミとの合金だろうけど。

久しぶりに山を走ったら、かなり楽しかったので、
気持ちは山モードになりつつあります。あー、走りてー

…どうでもいいが、このカメラ(Lumix FX-01)そろそろダメだな。
自転車用にして酷使してるせいか、ピントの合い方が変だ。

Home > Tags > 高峰


Feeds
Meta

Return to page top